mifoldをアメリカ(ハワイ)旅行で使うには

海外旅行の定番、ハワイ!

子供連れのご家庭ならレンタカーを借りる時に毎回、料金がかかってきてしまうチャイルドシートやブースターシート。

ハワイ州の法律では4歳未満の子供が車に乗る際にはチャイルドシート、8歳未満のお子さんの場合はブースターシートの着用が義務付けられています。

しかし、ハワイに行く時にチャイルドシートやジュニアシート(ブースターシート)を持っていくのはかなりかさばるし、重量もあるため、現実的ではありませんよね。

ただ、チャイルドシートは無理だとしても、折りたたみができる携帯式のジュニアシート(ブースターシート)がある事をご存知でしょうか?

ちょうど、私の娘もブースターシートが必要な年齢なのでハワイ旅行に持っていける携帯式ブースターシート「mifold」を購入してみました。

mifoldとは

mifoldは折りたたんで持ち運べる携帯ジュニアシート(ブースターシート)です。

mifold(マイフォールド)は従来品のジュニアシート(ブースターシート)の違い、折りたたみができる事によって驚異的なコンパクトサイズになってしまいます!mifoldはコンパクト

チャイルドシートやジュニアシートは車の中でかなり存在感があり、場所をとってしまいますよね。

しかし、mifoldは折りたたむことができるため、ダッシュボードに入れておくこともでき、タクシーや旅行でレンタカー借りた時に使えるようにリュックやカバンに入れて持ち運ぶことができます。

そのため、自家用車に限らず、旅行先やタクシーなどといった、いろいろな場面で活用ができます。

また、コンパクトに折りたためますが、日本で必要な安全基準 EU(European Union) 安全基準 ECE R44/04 取得済みで安全面にも徹底しています。

mifoldのカラー

カラーもパーフェクトピンク、デニムブルー、パールグレー、タクシーイエローと好きな色を選ぶことができます。

➜ 詳しくはこちら♪

mifoldの使い方

使い方はとても簡単です♪

mifold使い方①

肩ベルトガイドストラップとひざベルトガイドをお子様の体の大きさに合わせます。

ひざベルトガイドは3段階に調節できます。

mifold使い方②

本体を開き、背もたれに当たるように置きます。

その時にひざベルトガイドが右と左両方ともに固定されているか確認ください。

mifold使い方➂

シートベルトのひざベルトを右と左のベルトスロットに差し込みます。

そして、シートベルトのバックルをしめます。

mifold使い方④

肩ベルトガイドストラップを背中から回して肩のシートベルトにクリップをして、お子様の肩の高さが合う様に調整つして完成です。

➜ 使い方を動画でチェック!

mifoldはハワイで使えるの?

ハワイに持って行っても使えなければ意味がありません。

日本ではEU規格(ECE/R44)が採用されています。

一方、アメリカはといいますとUS規格(FMVSS 213)が採用されていますので、基準が違います。

日本のmifoldの代理店をチェックするとEU規格なので日本でも使えますと表記はあるが実際にハワイを含めてアメリカでも使えますという表記がされていません。

商品自体は同じだと思うのですが、ましてや海外。もしもの時、日本語が通じるハワイといっても不安ですよね。

実際、私も不安だったので日本で購入をせずに個人輸入でアメリカのAmazonを使い購入いたしました。

mifoldを個人輸入での購入方法

mifold

アメリカから個人輸入でのmifoldの購入方法ですが、意外と簡単でさらに日本で買うより安く買えます♪

その方法は、通販会社大手Amazonのアメリカから購入するのです!

日本のAmazonとアメリカのAmazonの使い方に関してはさほど違いはありません。

ただ、日本のアカウントではアメリカ版のAmazonは使えません。

そのため、アメリカ版のAmazonのアカウントを作らなければならないのです。

アメリカ版のAmazonのURLは➜ https://www.amazon.com/

日本版のAmazonのURLは➜ https://www.amazon.co.jp/

「.com」「.co.jp」という違いがあったんですね。

mifoldを調べて購入するまで私も知りませんでした。

Amazonで購入しアメリカから個人輸入をするためには、まずはアメリカ版のAmazonのアカウントを登録しなければなりません。

そのあとに「mifold」と商品を検索すれば出てきます。

日本に翻訳機能を使えば英語表記も難しくないと思います。

アカウント設定に関しましても「Amazon アメリカ」などで検索すると日本語でアカウント設定の方法が説明されているサイトがたくさんヒットしますので、見やすそうなサイトを選んで、それを参考に登録してみて下さい。

意外と簡単で登録はすぐに終わります。あっけないです。

もちろん記入は英語でしなけらばなりません。

購入を進めていくと住所なども入力をしなくてはならないのですが、住所の英語表記もネットで調べると日本語住所を英語表記に変換する無料のWebサービスもあります。

私はこちらを利用しました➜ http://judress.tsukuenoue.com/

さらにアメリカ版のAmazonでmifoldの購入金額は

なんと!

36.95ドル 送料が8.77ドル

合計45.72ドルなので1ドル110円と考えても5,000円弱で日本で買うより大変安く購入ができます。

ただ、商品が届くまで約2週間ほどかかりますので、海外旅行を予定されている方は時間に余裕をもって注文してくださいね。

ただ、英語表記なのでアメリカのAmazonに登録するのが不安な方もいらっしゃると思います。

そう言った方はアメリカAmazonから簡単個人輸入ができる日本の通販サイトがありますのでこちらをご活用すればいいのではないでしょうか。

英語を使わずアメリカのamazonの商品を簡単に購入でき、お支払い方法も充実しております。

独自の商品保証制度で安心のアフターフォローもあり、日本未発売、日本よりも安い商品も見つける事ができます。

詳細はこちらをご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Xボーダー
ちなみにアメリカ版Amazonでの「mifold」商品説明はこれでした↓


About the product
More than 10x smaller than a regular booster seat and just as safe
The most advanced, compact, and portable booster seat ever invented designed for kids aged 4 and up, 40 to 100 lbs, and 40 to 57 inches tall
While mifold is excellent for every day use, it is designed as a brilliant child restraint seat for occasions when a traditional booster is not available or practical
Folds up to fit into a child’s backpack, glove compartment or bag
Safety tested and meets or exceeds NHTSA standard FMVSS 213 in the USA (THIS PRODUCT IS PRODUCED ONLY FOR USE IN THE USA and is not the International version, regulated under ECE R44/04)


翻訳しますと↓

製品について
通常のブースターシートより10倍以上小さく、安全です
4歳以上の子供、40〜100ポンド、40〜57インチの子供向けにデザインされた最も進歩した、コンパクトでポータブルなブースターシート
ミッフォールドは毎日の使用には優れていますが、伝統的なブースターが利用できない、または実用的でない場合には、卓越したチャイルドシートとして設計されています
子供のバックパック、グローブボックスまたはバッグに収まるように折りたたむ
安全性が試験され、米国ではNHTSA規格のFMVSS 213を満たしています(この製品は米国のみで製造されていますが、ECE R44 / 04で規制されている国際版ではありません)


↑アメリカの規格FMVSS 213は日本でも使用が可能ですのでタクシーや旅行にも使えます。

自家用車には一般的なジュニアシートがあるので、私の家ではハワイ旅行用と国内旅行用として買いました。友だちにも貸してあげれるし(*^-^*)

mifoldの商品情報を詳しく知りたい方はこちらをチェックしてみてください♪ ➜ mifold

以前は日本ではアメリカ規格FMVSS213を採用していたため、日本での使用はアメリカ規格FMVSS 213とEU規格(ECE/R44)の両方とも使えるようになっています。

ただ、アメリカ(ハワイなど)での使用はアメリカ規格FMVSS 213のみです。

日本で買ったEU規格(ECE/R44)の物をアメリカ(ハワイ)で使う事が出来ませんが、アメリカ(ハワイ)などで買った物(アメリカ規格FMVSS 213)は日本でも使えますよ♪

今後、変更があるかもしれませんので購入の際はしっかり確認くださいね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする