子供用シャンプー「ルレシャン」を購入前に徹底リサーチ!

ルレシャン

1〜2歳のお子さんは肌が弱いので乾燥による湿疹やあせも、アトピーなどの肌トラブルが多いのが事実。

この時期の子供は活動が活発になり汚れが溜まりやすくなるので、適度な洗浄が必要です。

ただ、肌がデリケートな時期なので、洗浄力が強すぎるのはNG!

逆に弱すぎるとなると皮膚に皮脂汚れや汗が残ってしまいます。

そのため、バランスの取れたものを選ぶ必要があります。

1.子供用のシャンプーにどの時期から切り替えていいのかわからない
2.子供の成長に合う安心して使えるシャンプーを探している
3.頭皮の汚れをきちんと落とし、清潔な状態に保ちたい
4.すぐに洗える泡タイプがいい

ルレシャンはこのような悩みを持ったお父さんお母さんの悩みを解決する子供向けシャンプーです。

そこで、医師も薦める98.3%と口コミ満足度が高いルレシャンを購入前に徹底リサーチしてみました。

子供用のシャンプをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。
→ 詳しくはこちら

子供用シャンプー「ルレシャン」の特徴

生まれたばかりの赤ちゃんはベビーシャンプー(全身シャンプー)を使っている人がほどんどだと思います。

でも、いつから子供用や大人用シャンプーに変えればいいか解らないという意見もあります。

乳幼児の肌は繊細で適度な洗浄と保湿が重要です。

ルレシャンのシャンプーは3種のミルク成分配合。

高保湿のホエイ(牛乳)、免疫力UPの乳酸菌、バリア効果UPの豆乳発酵液でお子さんのデリケートな肌を守りつつ保湿

弱酸性アミノ酸シャンプーで皮脂を取りすぎず汚れだけをやさしく洗浄

低刺激なので優しく、目や口に入っても気にならない。

デリケートな乳幼児に使うものだから防腐剤、石油系界面活性剤、エタノール、シリコン、着色料、鉱物油、紫外線吸収剤、四足動物由来成分を一切使用せず、無添加・防腐剤フリーの国内生産です。

香りも自然な石鹸の香りを採用し、ローズ油を使っているのでキツ過ぎず優しく香ります。

旅行や帰省などでも持ち運べるようにロック機能が付いていますので、外出先でも安心して使うことができます。

子供用シャンプー「ルレシャン」が買える販売店は?

子供用シャンプー「ルレシャン」は一体どこのお店で購入できるのでしょうか?

さらに賢くお得に購入する方法も気になりますよね。

そこでルレシャンが購入できるお店とお得情報をチェックしてみました。

シャンプーなので家の近くのドラックストアを探してみました。

しかし、結果は近所のドラックストアではどこの店舗にも取り扱いがありませんでした。

日用品から事務用品、家具や家電など、様々な商品を取り揃えているドンキやイオン、アピタや東急ハンズなどをチェックしてみましたが取り扱いのある販売店はありませんでした。

結果、ルレシャンを購入するならネットということになります。

でも不安なのがネットだと類似品や商品が届かないなどと不安や怖いと感じる方もいるかもしれません。

しかし、ご安心ください!

実はネット通販でも意外と公式サイトが一番お得だったりするのです!

ルレシャン

ルレシャンの価格をネットで比較

子供用シャンプー「ルレシャン」は、お店に行かなくても家にいながら注文できる便利なネット通販で手に入れる事ができます。

ネット通販で購入するのならば、もちろん最安値で購入できたら嬉しいですよね♪

実は私も商品を買う際は、どこのお店が最安値なのかとネットで調べてから買う事にしています。

そこでルレシャンが最安値で販売されているネット通販を探してみました!

どんな商品もほぼ揃っていると言われる品揃え豊富なネット通販大手の『楽天』と『Amazon(アマゾン)』で検索してみました。

まずはAmazon(アマゾン)です。

☆Amazon(アマゾン)で検索した結果

Amazonで『ルレシャン』と検索したところ、Amazonではルレシャンはヒットせず、取り扱いがある販売店はありませんでした。

続いて楽天はどうでしょう?

☆楽天市場で検索した結果

楽天市場で『ルレシャン』と検索したところAmazon同様にヒットせず、取り扱いのある販売店は見つかりませんでした。

しかし、楽天市場やAmazonも含めネット通販では個人の方が出品しているという可能性もあることなどから信頼の部分でも少し不安が残りますよね。

そこで、先ほどルレシャンを購入するなら公式サイトが一番お得です。とお伝えしましたが『本当に公式サイトがお得なの?』って疑っている方もいると思いますが、そこはしっかり調査済み!

どこよりのネット通販よりもお得で安心して購入できるのが公式サイトなんです♪


「ルレシャン 」公式ページ:

https://lit-p.com/


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする